昇龍ヘッドについて、知っていただきたいこと。

原型師世燕が、試行錯誤を重ね開発・発表した初代昇龍は数奇な運命を辿りました。
2005年の10月11体限定で発売されたヘッドは、発売から24時間以内に売り切れるという晴れやかな結果と共に、
良くない思惑も一緒に引き寄せてしまったようです。

昇龍はその成功を良く思わない一部の人々によって、ボークス社の旧フルチョイス28番と旧教室(現16番と教室A)
ヘッドの不正コピー品というデマが流されました。
その結果韓国のすべてのドールコミュニティから強制的に締め出されたOCEANMOONは韓国内における全ての
活動において制限を受けました。
そのような状況が、事実無根である不正コピー品疑惑に信憑性を持たせることにつながり、事件の真相を知らない人にとってはそれが「事実」とされ、海外にまで噂がひろがったのです。
未だにOCEANMOONの受けた汚名や不名誉が全て返上された状況ではありません。

そのような困難に遭いながら、ドール制作の道をあきらめなかったOCEANMOONのメンバーを人として尊敬します。

OCEANMOON日本語サイト管理人 ふくみ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【昇龍ヘッドについての言明】

昇龍ヘッド原型写真
昇龍ヘッド原型写真

昇龍は粘土のフルスクラッチの原型が今でも残っており、またその製作過程が写真で公開されている私の完璧なオリジナル作品です。

昇龍がボークス社の旧フルチョイス28番ヘッドの不正コピー品だと心から信じているのであれば、ボークス社にそれを事実として通報し、OCEANMOONに直接損害賠償の請求訴訟を起こすよう要請してください。本気でOCEANMOONが不正を働いていると考えているのであれば、なぜ誰もそのような行動を起こさないのか不思議に思います。

 

私はこの事件の風化を望んでいません。むしろこの事件が更に広く知られることを望んでいます。
そうしてより多くの人にボークス社のヘッドと私の昇龍ヘッドを見比べていただき、その上で判断していただきたいのです。

このような不快な話に敢えて言及し続けているのは、私自身が潔白だからです。

OCEANMOONは信念を持った上でこれが真実であると、公の場で明言いたします。


 昇龍は違法コピーしたヘッドではありません。


 不正コピー品という悪質な汚名は、故意に着せられたものです。

非難する人の中で、実際に自ら本名を明らかにし直接OCEANMOONに抗議をした人は今までただの一人もおりません。金銭的な補償を要求する人もいませんでした。
 平気で人の悪口が書き連ねられる匿名掲示板の中でさえ、月影滄海-OCEANMOONの事件についてはたとえ誰かがその話題を振ったとしてもスルーされもはや相手にされることもありません。

(遠慮なく悪口を並べる匿名掲示板でさえ、月影滄海-OCEANMOONの事件が言及されれば、沈黙する雰囲気です。)

 

あれから8年が経過しました。
 自分の良心を一番良く知っているのは自分自身です。

昇龍は不正コピーだというデマによって誰からどのような非難を受けても、私はもう動揺しません。なぜならそれは未だにデマを流し続ける人だけにとっての問題であり、自分にとっては問題でもなんでもないからです。
 私はドール業界から葬られた後も、無責任に行方をくらますようなことはせず、メールアドレスを公開し常に連絡が取れる状態にしていましたし、8年間OCEANMOONのURLアドレスも月影滄海という公式名称も変えませんでした。
そうして実際のところ、そんな私たちを支持してくださるお客様も多く、そのおかげでこうして存続できています。


 誠意の無い韓国ドールの個人ディーラーの中には、半年から1年以上も発送を遅らせたり、顧客との連絡を絶った上で商品の代金を騙し取り、一定の期間行方をくらました後新しいディーラー名で商売を再開するようなケースまでありました。
そして韓国のドール業界もそんな行為を黙認していました。
 月影滄海も昇龍事件について何も語らず、ショップ名を変え、別のヘッドの販売を始めていたなら、もっと早く人形ディーラーとして成功できていたかもしれません。
けれど私はそんなことをして自分を恥じながら生き延びる位なら、いっそ潔く死んでしまった方がまだましだと思います。


 私はこれからも堂々と、自分が一番好きで得意なこと(=ドール制作)を構わず続けていきます。

匿名で他人を叩く事に楽しみを見出す人間と、自分の天職に熱心に打ち込む人間では、人としてどちらが正しい在りかたでしょうか。

この出来事についてどのように判断するかは、読む方々の判断にお任せします。
OCEANMOONは今後もこの事件について隠すことなく、明らかにしたままにしておきます。

2013年11月6日

月影滄海-OCEANMOON原型師

白世燕 ベク セヨン